Osaka English Village 大阪イングリッシュヴィレッジ

The other day, we visited a great place called "Osaka English Village."

 

先日、「大阪イングリッシュヴィレッジ」という素敵なところに行ってきました。

 

 

Do you know anything about this place? 

 

皆さん、ご存知ですか?

 

 

Have you ever been there?

 

行かれたことはありますか?

 

 

 

 

I was doing some research about outside classroom English experience, and I found their website.

 

教室の外で何か英語を使う体験ができないかとリサーチをしていたとき、イングリッシュビレッジのサイトを見つけました。

 

 

The place looked really fun, so Andy and I went to check the facilities.

 

サイトを見てとても楽しそうなところだったので、アンドリューと施設を下見をしてきました。

 

 

 

 

It's not so far away from Muko-city.

 

向日市からそんなに遠くありません。

 

 

It took us about 50 minutes to get there by Hankyu and then the Osaka Monorail.

 

阪急と大阪モノレールで50分くらいです。

 

 

When you get off at Banpaku Kinen Kouen Monorail Station, the famous Tower of Sun by Taro Okamoto greets you!

 

万博記念公園駅でモノレールを降りると、岡本太郎の太陽の塔がお出迎えしてくれます!

 

 

 

 

 

After walking about 3 minutes, there you are!

 

3分くらい歩いて、着きました!

 

 

 

 

 

This is the entrance.

 

これが入り口です。

 

 

You pay the admission and lesson fee, go through the gate, and ta-da!...

 

入場料やレッスン代を入り口で払って、ゲートを通り抜けると・・・ジャジャーン!

 

 

 

 

 

You are in America! 

 

そこはもうアメリカ!

 

 

Can you guess which city this is?

 

ちなみにこの町はどこかわかりますか?

 

 

Yes, it is New York City! 

 

そうです!ニューヨークです!

 

 

 

 

This facility is like a theme park with 23 different situation rooms.

 

この施設は23個のシチュエーションに分かれた教室がある、テーマパークのようなところです。

 

 

In each class, native speaker instructor will teach you not just English, but also some culture and history of America. 

 

それぞれのクラスで、ネイティブのインストラクターと英語だけでなく、アメリカの文化や歴史を学ぶことができます。

 

 

For example, you can learn to report weather in a broadcasting studio setting.

 

例えば、放送局のようなセットの中で、天気予報を読む経験ができたり、

 

 

 

 

Or, you can dig up dinosaur's bones!

 

恐竜の骨の発掘ができます!

 

 

 

 

You can also be movie stars,

 

映画スターになったり、

 

 

 

 

Or learn about farming!

 

酪農の勉強もできます!

 

 

 

 

You might get arrested, if you don't behave!

 

でもお行儀よくしないと逮捕されちゃうかも!(これは警察署のセットです。逮捕されたりはしません。ここでは指紋を撮ったりして犯罪捜査を英語でするそうです!)

 

 

 

 

Each class is aimed at different levels, and kids class and adults ones are separated. 

 

それぞれのクラスがレベルごとに分かれていて、お子さん対象のクラス、大人の方対象クラス、にも分かれています。

 

 

On this day, a very kind staff gave us a tour of the whole facility. 

 

この日は、とても親切なスタッフの方が、施設全体の案内をしてくださいました。

 

 

This is just a part of it!

 

ここに載せているのはほんの一部です!

 

 

We didn't have chance to take any lessons, but we saw some instructors and they are very welcoming and friendly.

 

実際にレッスンは受けませんでしたが、何人かのインストラクターの方にもお目にかかり、みなさんとても快く迎えて下さり、フレンドリーでした。

 

 

 

 

Don't you think it is a great oppotunity for kids and adults to learn and experience different culture in English?

 

お子さんにとっても大人の方にとっても、英語で外国の文化を学ぶとてもいい機会になると思いませんか?

 

 

And you know what? This America is only 50 minute away!

 

そして、何より、このアメリカは私達のいるところから50分で行けるんです!

 

 

We definitely want to go back there with our students!!

 

皆さんとぜひ行ってみたいなと思います!!

 

 

 

 

Next year, our school is celebrating 10th anniversary. 

 

来年10周年を迎える私達の教室。

 

 

We thought this can be one event for the special year!

 

10周年のお祝いの一つとして、皆さんとここを訪れてみてもいいかなと思っています!

 

 

 

 

Thank you!

 

 

大阪イングリッシュヴィレッジのサイトはこちらenglishvillage.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


L is for the way you Look at me...

Valentine's Day is in February... and I think it's still too cold to think about romantic things! 


2月、バレンタインデーです。でも寒すぎてあまりロマンティックな気分にはなりませんね!



But it makes me think of a nice song called L-O-V-E made famous by Nat King Cole. Do you know it? 



でもこの季節、ナットキングコールの有名な歌、L-O-V-Eを思い出します。
ご存知ですか?



In this song the letters of the word "l-o-v-e" are used in other words to make romantic sentences.



この歌の中では、ラブのl,o,v,eが頭文字になる他の言葉を使って、ロマンチックな歌詞を作っています。




(My Nat King Cole CD from Book-off, --only 500yen! I L-O-V-E a good deal!)


L-O-V-E LOVE
lyrics by Milt Gabler 1964

L is for the way you Look at me.
O is for the Only one I see.
V is Very, very extraordinary
E is Even more than anyone that you adore can [love]


これは日本語には訳しにくいですが・・・
LOVEのは君がボクを見る(OOK)ときのまなざし
LOVEのは君はボクのたった1人(NLY ONE)の人
LOVEのはとってもとっても(ERY)素晴らしい
LOVEのはボクは誰よりも(VEN MORE)君を愛している

といったところでしょうか・・・。


This is a kind of acrostic poem


これをアクロスティック ポエムと英語で言います。


In school I remember making our own acrostic poems in English class. 

ぼくは学校の英語の授業で、アクロスティックポエムを作った記憶があります。


Maybe some people thought it was boring, but not me. 

退屈だと思った人もいたと思うけれど、ぼくはとても面白いと思いました。


I thought it was a fun challenge. Like a puzzle with words. 

言葉で作るパズルのような、頭の体操的な感じがしました。


So, let's try one now in a simple style!

ということで、簡単なもの、作ってみましょう!


Since this is the month of love let's use someone or something that we love.


今月は愛の月ですし、私たちが大好きなものを使って作ってみるのはどうでしょう?


I'll choose "food" (sorry, Kaho!)


ボクは"FOOD"―食べ物、にしてみました。(ごめんね、かほ)
 


F-O-O-D 
by Andrew

Fried,  あげても
Or grilled or 焼いても
Oven-roasted, オーブンで焼いても
Delicious if it's raw or toasted! 生でもトーストしてもおいしい


 
This is a very bad poem, I know. ;)


・・・単純すぎ、ですよね。(笑)


But now let me do an even simpler style, then it's YOUR turn! 


じゃあもう一つ、もっと簡単なのを作ってみましょう。その後皆さんの番ですよ!


This time we choose just one word that describes the theme.

今度は、選んだ名詞そのものを説明する言葉(形容詞)で作ってみましょう。

(There doesn't need to be any sentence.)

(特に文章として意味がつながらなくてもOK)
 


C-A-T 
by Andrew

Cunning ずるい
Athletic  運動神経がいい
Tender   優しい
 


Would you like to try one? 


皆さんもぜひ挑戦してみては?


It will be a fun way to practice your English vocabulary --and you can make it as long or as short as you want. 


語彙を増やす、楽しい練習になると思いますよ。短くしても、長くしても、お好きなように作ってください。


Please post your poem below or show us in class. 


投稿、お待ちしてます!またはレッスンにお持ちいただいてもOKです!


(Osaka Castle 3-D illumination and projection mapping. here)
















英語の勉強法

The other day, I was watching some afternoon program on NHK in between the lessons. 



先日レッスンの合間に午後のNHKの番組を見ていました。



Sou Taguchi, the former Maior Leaguer, was on TV. 



元メジャーリーガーの田口壮さんがテレビに出ていました。



He was talking about how to study English for communication. 



伝わる英語の勉強法について話していました。



While he was in the Sates, he played in Major League for eight years and he was getting interviewed without any interpreters.

アメリカにいる間、田口さんは8年間メジャーリーグでプレーしていて、通訳なしでインタビューを受けていたそうです。



Did you know that? 


皆さんご存知でしたか?



He deserves a great respect for that!


多大な尊敬に値する方ですね!




According to him, there are three important points in studying English conversation.


田口さんによると、英会話を学習する上で大切なことが3点あるそうです。





1. Try your best when you talk to people.



^貔厳命話す



2. Put yourself in ’the batter's box.’



△箸砲く「打席」に立つ



3. Learn from the reaction from the listeners.



A蠎蠅糧娠をみる





ちなみに少し詳しく説明すると・・・

に関しては、とにかく一生懸命に、伝えたいという気持ちをもってコミュニケーションにあたるということが、とても大事だそうです。言葉の面では伝わらなくても、自分の気持ちは相手に伝わる!と田口さんはおっしゃっていました。

「打席に立つ」というのはつまり、話さなくてはいけない状況に自分を置くということだそうです。田口さんは、チームメートをよくお食事に誘ったそうですが、そうするときはいつも1対1になるよう、お1人しか誘わなかったそうです。複数のアメリカ人が相手だと、英語が早すぎて会話についていけないから、自分のことを聞いてくれる状況、嫌でも自分が話さなくてはいけない状況を作ったそうです。素晴らしいですね!

とにかく知識をフル回転させてコミュニケーションにあたりますが、相手に通じているかどうか、またどんなふうに通じるかは、実際に話してみて、相手の反応を見て学んでいったそうです。実際のコミュニケーションから使える英語を体得していったということですね!






Is there anything that you try when you study English?



みなさんは、英語の勉強をするときに何か心がけていること、ありますか?



Let us know and share your effort with other students, please!



ぜひ教えて下さい、そして皆さんの努力を、他の生徒さんと分かち合ってください!



1

Web site

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

書いた記事数:61 最後に更新した日:2019/04/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM